月別アーカイブ: 2019年3月

【YouTubeアフィリエイト】実践していく上で知っておきたい著作権の知識

こんにちは!タカベナルです。

YouTubeアフィリエイトを実践していく上で、知っておかなくていけないこと。 それは「著作権の扱い」です。  

 

 

こんな感じの動画を見たことはありませんか?  

これは、著作権者がYouTubeに正式に法的リクエストを送信すると、動画が削除されてしまい、このような画面になってしまいます・・・  

 

正直、こんな画面みたら腰を抜かしそうですよね・・(汗  

 

このように、著作権に対する知識がないと、突然のチャンネル停止や動画の削除を招いてしまう原因にもなりますので、著作権に関しての知識は必ず入れておきましょう。  

 

YouTubeの著作権違反は厳しい?

 

  実は、現在のYouTubeは著作権に対して、厳しいか?と言われると、正直、静止画像と文章(テキスト)には甘い傾向があります。  

それは何故かと言いますと、今のYouTubeのシステム上、画像や動画の中で流れるテキストを判別するのが困難だからです。  

 

だからと言って、サイトやブログの内容をコピペするのは、YouTubeには「通報」というシステムがあるので、他人のコンテンツをそのままコピーするというのは危険です。

 

通報されれば動画の削除や一発チャンネル停止という可能性もありますので、丸パクリは止めておきましょう。  

 

完全なコピペではなく、文章をリライト(文章を書き直すこと)するなどの工夫をしていきましょう。  

 

一番危険なのはテキスト?画像?音楽?

 

  もちろん、すべてにおいて著作物を勝手に使用するのはいけないのですが、その中でも一番著作権に厳しいといえば、「音楽」ですね。  

YouTubeアフィリエイトの動画を作る際に、BGMは重要な役割を果たしますし、その作品にあったBGMや好きな音楽を使いたくなりますよね。  

 

しかし、音楽は波形(音の振幅、波動の振れ幅)をシステム的に楽曲を判別するシステムが可能なので、市販されているCDの音源を使ったり、CDだけでなく、映画や映像についていた音楽を使うのは非常に危険です。  

 

 

ちなみに、クラシック音楽は楽曲の著作権が切れているのですが、演奏者への著作権や作曲家の子孫が著作権を持っている可能性があります。  

 

ですので、もしYouTubeでクラシック音楽を使いたい場合には、YouTubeオーディオライブラリ―の中の楽曲を使うか、自分で演奏することでコンテンツIDの一致を回避することが出来ます。  

 

しかし、動画のBGMを使う音楽は、やはり許可が取れているフリー音源を使うと安全です。使えるフリー音源サイトについては別の記事でお伝えしておりますので、そちらをご覧いただければと思います。  

 

映像の著作権にもYouTubeは厳しい

 

  次にYouTubeの著作権で厳しいのが「映像」です。

 

これは著作権がかかっている映像を使ってしまうと、YouTubeのシステムによって自動的に判別されて削除されてしまいます・・・

 

特にテレビうやDVDやブルーレイなどの映像は危険ですね。  

ですので、他人の動画と一致するような映像をアップロードするのはとても危険ですので、絶対にしないようにしましょう。  

 

YouTubeを色々見ていくと、まだまだテレビの映像をアップロードしているチャンネルもありますが、通報されるのは時間の問題ですのでやめておきましょう。  

 

再生数が圧倒的に伸びるからといって、リスクを負って動画をアップロードしたとしても、不正動画というものはそう長くは続きません。

 

リスクを負って短期間に稼ごうとするよりも、正統法の動画の方が最終的には稼げます。

  無茶をしたり、ずるをしてしまいたくなったら・・・  

 

 

この画像を頭に浮かべましょう・・・  

 

引用した動画は著作権違反になるの?

 

  YouTubeアフィリエイトのぶっちゃけ話をさせていただくと、基本的にネタは引用です。 実際、有名ユーチューバーのネタは海外の動画のパクリですから・・・  

しかし、引用でもやり方次第では全然問題ありません。

 

  • 自分の意見や感想を言う
  • オリジナル要素を入れる
  • 情報をまとめる
  • 編集でオリジナルティを高める

上記のような要素を加えると引用でも問題はありません。  

 

ブログやサイトの文章を丸コピしたり、映像をそのまま使ったりというのは引用とは言えないですが、自分で表現方法を工夫して、編集をオリジナルティに近づけていくことによって、それはもう自分のコンテンツとして成りたちます。  

 

まとめると、ネタは真似をしても編集はオリジナルということになりますね。  

 

これを守ることができたら、アダルト要素の強いものや、グロテスクな動画以外で、動画が削除されるといった危険性はかなり低くなりますので、しっかり自分で動画を作っていきましょう!  

 

芸能系ジャンルなどにおける報道の権利は?

 

  政治系や芸能系のいわゆるトレンド系のジャンルがありますが、このジャンルは著作権はどうなっているのか?って思う人もいると思いますが、実は   「発言は事実に対しては著作権は無い」です。  

 

報道の自由の権利というのは私たちにありますので、事実であるならば、その情報を動画で流しても問題はないです。  

 

しかし、今度は人権の侵害という問題が付きまといますので、特定の人物に対するネタを扱う場合には注意が必要になってきます。

 

  ですから、その人物が不利になるような、批判や中傷ですね、こういった内容の動画ですと、人権の侵害で通報が来る可能性もありますので、できるだけ人を傷つけない表現を使った動画を作っていく必要があると思います。  

 

ちなみに、ジャニーズに関しては、人権、著作権ともにかなり厳しいようですので、ジャニーズネタを扱う場合は、要注意です。  

 

まとめサイトに関する著作権はどうなっているのか?

 

  まとめサイトで有名な「NAVERまとめ」などのまとめサイトやランキングサイト。こちらの著作権はどうなっているのか?  

 

他人の記事をまとめているので、著作権はないようにも思いますが、こちらに関しては一応、著作権というものは発生しています。 

 

ただ、こちらに関してはそのまま動画のネタに使っても大きな問題になる事は無いですが、念のためにやはり丸コピではなく、まとめ方を変えたりといった工夫をした方が安全ですね。  

 

画像についての著作権

 

     

続いて、テキスト動画に関して欠かせないのは、背景の画像ですよね。

 

こちらは、出来れば著作権フリーの画像を使うべきです。  

 

Google検索をして取得した画像で、特に注意が必要なのは、市販化されている画像が危険です。

例えば、写真集ですとかDVDなどのジャケットをキャプチャーしたものですね。また、個人が撮影したものですと、個人から通報される可能性も少なくありません。

 

 ですので、画像フリー素材サイトを使用するのが最も安全ということになります。

 

著作権に関してのまとめ

 

  • 他人の音楽や映像は使用しない
  • ネタは真似するが、オリジナルティを出して自分で編集する
  • テキストの場合は、まとめサイトであっても少し手直しをする
  • 市販品の写真やモノや個人のモノは使わない
  •  

  今回の著作権の知識に関して、そしてそれを意識しながらYouTubeアフィリエイトを実践していくというのは、少々面倒ではありますが、逆にこれらをきちんと守っていれば、動画の削除やチャンネル停止などの可能性もかなり低くなりますので、  

 

必要以上に著作権に関して恐れることもないので、今回の内容のことをしっかり守って、どんどん動画を作って実際にアップロードしていきましょう!  

 

今回の説明は以上となります。最後までありがとうございました。

【YouTubeアフィリエイト】チャンネル登録数がどのくらいいたら稼げるの?

こんにちは!タカベナルです!

現在、YouTubeで収益を得るためには、

「過去12ケ月の総再生時間が4000時間以上であること」

「チャンネル登録者数は1000人以上」

を満たす必要があるわけですが、では、この基準を達したら、どのくらい稼げるのか?ということについて疑問に思う方も多いと思いますので、お話をしていきたいと思います。  

 

チャンネル登録者が2000人程度であれば10万円前後は可能

 

  こちらは、実際に私が経験した事例ですが、チャンネル登録者が2000人を超えたあたりから、月収10万円を得ることが出来ました。

 

では、実際にYouTubeでチャンネルを見渡してみると、チャンネル登録者2000人規模のチャンネルというのは、本当にたくさんあることが分かります。

 

ということは・・・ YouTubeは稼ぎやすい市場と言えますよね。

 

チャンネル2000人登録で月収10万円ですから、チャンネル登録者数が10万人もいるユーチューバーの月収はとんでもない額だということが分かりますよね・・・

 

では次に、チャンネル2000人って登録者はいったいどのくらいの期間で集められることが出来るのか?という疑問が出てくると思います。

 

こちらに関しては、もちろん一概には言えないのですが、正しいノウハウできちんと作業をすることが出来れば、2ケ月半くらいで達成する人もいます。  

 

チャンネル登録者の増え方

 

  私の場合、チャンネル登録者は初日で5人でした!

もちろん、この5人は身内です(笑 当たり前のことですが、10万人いるチャンネルだって、チャンネル運営開始時は、一桁から始まります。

ですから、1000人、2000人なんて登録者の数を聞くと、夢のまた夢のような数字に思われるかもしれません。そして、途方に暮れるかもしれませんね。

 

でも、YouTubeのチャンネル登録者は、最初の数か月はなかなか増えないかもしれませんが、一旦、増えだすと雪だるま式に増えていくんです。

 

そして、ある程度増えると1000人というチャンネル登録者くらいはっきりいってすぐに達成できます。

 

もちろん、チャンネル登録者が1000人を超したら、2000人にいくのは、1000人までかかった時間と比べ物にならないくらい早く達成することが出来ます。

 

  登録人数0から100人は時間がかかるし難しい しかし、登録人数500人~1000人は簡単 さらに、登録人数1000人~2000人はもっと早くて簡単です。  

 

 

 

これは、ラーメン店でもなんでもいいのですが、オープン当時はまだまだ認知度が低いのでお客様も集まりにくいですが、これが一旦、世の中に認知し始めると急にお客様が増えるといった感じに似ているのではないでしょうか。

 

  YouTubeという市場に突如、現れたとしても、最初は誰の目にも触れないですよね。しかし、投稿を続けていくと、徐々にYouTubeの市場で認知度が高くなっていく。それに比例してチャンネル登録者も当然、増えていきます。  

 

では、チャンネル登録者はどうやったら増えるのか?

 

  ビジネスの世界ではよく「成功者を真似ると成功する」などと言われています。

YouTubeも決して例外ではなく、成功しているチャンネルを見つけて、そのチャンネルの伸びている要素を見つけ出し、そして徹底的に真似をするのが、チャンネル登録者を増やすコツです。  

 

それにはやはりYouTubeを丁寧にリサーチすること、そして需要のあるジャンルの動画を投稿することが大事です。  

そして早くチャンネル登録者を増やすことのできるポイントととして欠かせないのが「動画数」です。

やはりある程度の動画数があった方が有利になります。  

 

1つの動画しか入っていないチャンネルと、10個の動画が入っているチャンネル、そして100個、200個の動画がチャンネルに入っていた方が、あなたのチャンネルを視聴者に発見してもらいやすくなりますので、動画は出来る限り多く投稿していきましょう。  

 

チャンネル登録者が少ない・・・そんな時は?

 

  チャンネル登録者が少ないのは、始めたばかりは当然仕方がありません。

しかし、しっかりリサーチをして動画を作成し、継続して動画を投稿していけば、チャンネル登録者が増えていくのは時間の問題です。

 

チャンネルが伸びない原因があるとすれば ・チャンネル運営歴が短く、知名度が低いこと ・旬ではない需要がないジャンルである ・登録リンクを上手に利用していない これらのことが考えられます。  

 

チャンネル運営歴は仕方がないので、トレンド(流行)要素を意識した動画を入れることで認知度、そして拡散度は高まっていきますが、

 

チャンネル運営初期で重要な箇所は チャンネル登録率 です。

 

チャンネル登録率は、 総再生÷チャンネル登録人数=チャンネル登録率 このようにしてチャンネル登録率というのを割り出せます。  

 

そしてこのチャンネル登録率が、リサーチをしたチャンネルと同等程度、もしくは上回る登録率であれば、後々、チャンネル登録者はしっかり集まってきますので、そのまま続けていきましょう。  

 

逆に、リサーチしたチャンネルよりも、チャンネル登録率が下回るようでしたら、改善点を探す必要があるということになります。  

 

まとめ

 

  • 2000人程度のチャンネル登録者で10万を超える可能性がある
  • チャンネル登録者はある一定の数を超えると雪だるま式で増えていく
  • 動画の投稿本数を増やして、多くの人にチャンネルを発見してもらう
  • 投稿初期の段階では、チャンネル登録率を意識して運営していく
  •  

  登録人数はあくまで目安となり、ジャンルや動画数によっては10万円に達成しない場合もあります。

 

もし、2000人を超えても10万円を達成しないときは、なるべくロングレンジなネタで動画を作成し、長い期間、視聴されるような動画を複数増やしていくことで、収益が伸びて行きますので、是非、参考にしてみてくださいね。  

 

今回の説明は以上となります。最後までありがとうございました。