月別アーカイブ: 2019年2月

【YouTubeアフィリエイト】おすすめ動画編集ソフト&無料と有料との違いはあるのか?

こんにちは!タカベナルです。

 

YouTubeアフィリエイトに欠かせない動画編集ソフトですが、今回は、どんな編集ソフトがおすすめなのか、そして、無料ソフトと有料ソフトでは違いがあるのかなどをお伝えしていきたいと思います。  

 

無料ソフトで動画編集

 

  ・ムービーメーカー(Windows)

こちらは、Windowsで無料にダウンロードできるソフトになります。

扱い方もシンプルなので、動画制作初心者におススメです。  

・iMovie(mac)

こちらは、Macのパソコンに最初からインストールされている無料の動画編集ソフトになります。こちらもシンプルで使いやすいです。  

・Davinci Resolve(Windows・mac)

こちらは、ダビンチリゾルブというWindowsにもMacにも対応している無料動画編集ソフトです。無料とは思えない高い性能が魅力のソフトになります。  

 

ムービーメーカーの特徴

 

  ・シンプルなので初心者に向いている

多くの機能は入っていないのでが、それ故に、操作が簡単です。

動画制作初心者の方は、最初は高度な動画編集は難しいと思いますので、ムービーメーカーのようなシンプルな機能の動画編集ソフトから始めるのが良いかと思います。  

・アウトライン付きテキストが使える

アウトラインとは、文字の周りに枠を付けて、その文字を強調させるということが、ムービーメーカーでは出来ます。  

・テキスト動画作成に向いている

上記のアウトラインテキスト付テキストが使えるということは、動画の中の文字を見やすくできるということですから、ムービーメーカーはテキスト系動画に向いていると言えます。  

 

iMOVIEの特徴

 

  ・シンプルで簡単に操作が出来る

シンプルで初心者向きの操作性となっていますので、Macをお使いの方は、iMOVIEから始めるのが良いかと思います。

  ・ピクチャーインピクチャーなど動画や画像を重ねることが出来る

特徴としては、ピクチャーインピクチャーという機能で、画像と画像を重ねることが出来ます。ムービーメーカーのように、文字の枠を強調することが出来ないのですが、画像の切り替わりや、画像を重ねるといった動画編集をするときには便利なソフトになります。  

・撮影系、簡単なテキスト動画が作れる

画像を多く重ねることが出来るので撮影系動画や、簡単なテキスト系動画を作ることが出来ます。  

 

Davinci Resolveの特徴

 

  ・一般的なOSに対応している

Windows、Mac、で同じプロジェクトファイルを共有しているので、たとえばMacで編集したものをWindowsでレンダリングという使い方もできます。  

・Windowsとmacの間に機能やパフォーマンスの差がない

同じスペックのマシンであれば別々のOSでも同じように快適に動作します。  

 

無料ソフトで画像編集ソフト

 

  動画編集なのに、なぜこの画像編集が必要なのかといいますと、動画編集によっては上手く画像が切り抜くことができなかったりしますのでこの画像編集ソフトであらかじめ整えるとよいかと思います。

 

あとは、動画にサムネイルを付けたい場合ですとこういった編集ソフトを使って基本的にサムネイルを作っていくことになります。

 

  ・フォトスケープ(Windows・mac)

とてもシンプルで簡単な機能なので、初心者向きと言えます。

  ・GIMP2(Windows・mac)

こちらはかなり高機能なソフトで使うのは難しいのですが、出来ない事がないというくらい の画像編集ができます。  

・Pixlr Editor(ウェブブラウザ)

こちらはインストールすることなく、インターネットのウェブブラウザで直接画像編集をすることができます。

こちらも多彩な機能があって画像と画像を重ねたりj背景を透明にしたりと多機能ですので、画像編集の際に使ってみてください。    

 

おすすめの有料ソフト

 

  ・PremierePro(Windows・mac)

こちらはプロも使っているようなソフトですので、出来ない事がないくらいの編集をすることが出来ます。  

・Final Cut Pro X(mac)

こちらはmac専用のソフトになっていますが、アイムービーと同じくらいシンプルな操作性で、かつプレミアのような高度な編集も可能になっています。

自由度はプレミアの方があるのですが、簡単に使いたい場合にはファイナルカットプロもおススメです。  

・VideoStudio Ultimate(Windows)

こちらのおすすめの理由は結構多彩な編集が出来るのですが、おすすめする理由は価格が安いということですね。

こちらも出来ないことがないくらい色々な編集が出来ますのでウインドーズをお持ちの方は、ビデオスタジオを導入してもよいかと思います。  

 

有料ソフトで出来る事

 

  ・動画を重ねることが出来る

一つの動画の中に、画面をいくつも表示させることが出来ます。

画像の中に画像を表示させたり、画像のとなりに画像を表示させたりという編集ができます。

無料ソフトですと、この動画を重ねるという機能がないことが多いですので、そういった編集をしたい場合は、有料ソフトを導入する必要があります。

iMOVEでは2枚重ねまでという制限がありますので複数の動画や画像を重ねたいといった場合には有料ソフトで編集してください。  

 

・豊富なエフィクト&追加プラグイン

豊富なエフェクトがあったり、追加プラグイン(機能を拡張するための追加のプログラム)が使えます。

あらかじめ編集ソフトに入っているエフェクトと呼ばれる編集加工ができるのですが さらに追加プラグインが出来るのも有料ソフトの特徴です。

エフェクトとは何なのかというと例えば、モザイクをかけたりとか動画と動画、画像と画像の切り替わりのときにスムーズに切り替わるようにしたりと高度な編集が出来ます。  

 

・3Dアニメーションなどのプラグイン

簡単なアニメーションを動画編集ソフトで作ることができます。

さらにプラグインで 3Dアニメーションを追加することができます。

基本的にこういったアニメ―ションなどは動画のオープニングやエンディングで使う 効果になりますが、アニメーションなどを使うことによって、他のチャンネルの差別化ができたりしますのでそういった効果を使いたい場合には有料ソフトがおすすめになってきます。   

 

以上がおすすめの無料編集ソフト、そして有料の編集ソフト、さらには画像編集ソフトのおすすめをお伝えしてきました。

 

初めから有料のソフトを使うと、編集機能が多すぎるので、編集機能を覚えるまでに、どうしても時間がかかってしまいます。

 

しかし、無料編集ソフトは、使える機能もシンプルですので、まずは無料のソフトで編集の基礎を覚えていくのが良いでしょう。

 

そして徐々に編集に慣れてきたら、有料ソフトに移行し、少しずつ高度な動画を作成してライバルと差をつけていくのが良いかと思います。

 

もちろん、無料ソフトだけでも稼いでいくことは可能ですので、まずはどんどん作業を進めていきましょう!    

 

今回の説明は以上となります。

【YouTubeアフィリエイト】動画のBGMに使えるフリー音楽素材

こんにちは!タカベナルです。

YouTubeアフィリエイトを実践していく上で、欠かせないものは動画のBGMになります。 このBGMですが、自分のお気に入りの音楽や動画にあった最適の音楽を使いたいところですが、当然これらのモノには「著作権」という権利が発生してきます。

 

そして、YouTubeアフィリエイトに関しては、万が一、勝手に著作物を使用した場合、「著作権違反」として本人やYouTube側からペナルティを受けることになります。

 

「著作権違反」でせっかく作成した動画やチャンネルに影響が出ないように、著作権を気にせず安心して使用できる音楽サイトをご紹介していきたいと思います。

解説動画

 

 

動画に使うBGMの注意点

 

冒頭でもお伝えしたように、動画に使う音楽(BGM)は、他人の作った音楽やCDなどを勝手に使ってしまうと、著作権違反となりますので、必ず著作権フリーの音楽素材を使う必要があります。

 

そこで音楽素材を使う注意点として、音楽を使用する前には各サイトの「利用規約・注意事項」を読むことを必ず行ってください。

 

一部、クレジット表記が必要な場合もあります。

 

※クレジット表記(オリジナルの画像なり文章なりを作成した個人名や団体(会社)名を明記すること) では、私も実際にYouTubeアフィリエイトの動画で使用している音楽素材サイトを紹介していきますね。

 

YouTubeオーディオライブラリ―

  • 商用利用可
  • 改変OK
  • クレジット表記一部必要YouTubeオーディオライブラリ―は、YouTubeチャンネルを持っている方なら、誰でも自由にその中にある音楽を使用することが出来ます。

    改変とは、音楽をダウンロードした音楽の音程を変えたり、長さや速さを変えたりといった編集をしても大丈夫ですよということです。

    楽曲によってクレジットの明記が必要なので、使用する曲ごとに注意して利用をしていきましょう。

甘茶の音楽工房

 

  • 商用利用可
  • 改変OK
  • クレジット表記必要任意

こちらは歴史も長い音楽サイトなので、有名なユーチューバーも利用しています。かなり多くの曲が用意されていますので、動画にあったBGMを探す際も簡単に見つかることでしょう。

 

H/MIX GALLERY

 

  • YouTube利用可
  • 改変OK
  • クレジット表記必要任意

YouTubeでは商用利用可能な音楽素材サイトになります。

こちらは生音のような質の高いBGMが豊富にあるといった印象です。

また、TVのCMなどでもこちらのサイトの音楽が使われています。

 

テキスト動画でも撮影系の動画でも、BGMは重要な要素となってきますので、各サイトの利用規約等をしっかりと守って、動画にあったBGMを入れて行きましょう。

 

チャンネルを運営していると、視聴者の方から「この動画に使われているBGMは何という曲ですか?」とコメントを頂くことも多いです。

 

ですので、視聴者の方々もBGMというものもしっかりと聞いているので、動画のイメージに合わせて選曲していきましょう。

 

今回の説明は以上となります。

【YouTube】動画編集に必要なパソコンのスペック【2019年版】

こんにちは!タカベナルです。

YouTubeで稼いでいくには、当然、動画を作らなくてはいけませんが、パソコンのスペック(性能や機能)の違いで、動画をサクサク編集できたり、逆に時間がかかったりということがあります。

 

最近のパソコンは、高性能化が進んでいるので、一般のパソコンでもクオリティの高い動画が作成可能ですが、動画編集用にパソコンを新調したいな、スムーズに動画編集が出来るパソコンを購入したいなと思っている人に、今回は、動画編集に必要なスペックについてお話していきたいと思います。

 

パソコンは安い買い物ではないので、後悔しないようにするためにも、動画編集用に必要なスペックをしっかりと把握した上で、購入をするのがよいかと思います。

 

ちなみに、ノートパソコンでも、デスクトップパソコンでも、考え方は同じです。

解説動画

 

 

パソコンスペックは非常に重要

 

動画編集はネット検索などの一般的な使用よりも負荷がかかる

 

動画編集は、メールを開いたり、一般的によく使われるネット検索をするなどの作業と違って、パソコンにかかる負荷が多くなります。

 

特に、動画編集をする時のエフェクト(効果)をかかる編集をする場合に、高いスペックが要求されます。 そのために、CPU、メモリ、グラフィックボードなどの性能が高いパソコンの方が安心です。

スペックが高いパソコンだと時短になる

 

パソコンのスペックが高いと、動画編集をした後に、必ず行う書き出し(エンコード)の時間が短くなり、それだけで時間短縮になり、作業ストレスも減ります。

 

また、その他の作業でも応答する速度が速くなりますので、サクサクと操作を行うことが出来るようになります。

 

これから何本も動画を作っていくことになると、ちょっとした動作の速さが、大きな時間となりますので、スペックの高いパソコンを使うということは、それでだけで多いの時短に繋がることになります。

 

フリーズ(パソコンが操作を受け付けなくなった状態・凍ったようになる)が少ない

 

負荷がかかる動画編集を、スペックが不足しているパソコンで行っていると、パソコンがフリーズしてしまうことがあります。

 

特に同時に多数のアプリを立ち上げていると、フリーズが起りやすいです。

 

例えば、動画編集ソフトと画像編集ソフト、素材集めのためにインターネットブラウザを複数タブで表示させた場合などに起りやすいので、やはり、同時にアプリを立ち上げておいてもフリーズしないように、高いスペックのパソコンがあると便利です。

 

WindowsとMacでは、どっちが動画編集に向いているのか?

 

パソコンを購入する場合や、YouTubeアフィリエイトをしようとパソコンを新調する場合、WindowsをMacのどちらがいいのか?というお問い合わせがよくあります。

 

これに対しての答えは、「どちらでも大丈夫!」ということです。 では、WindowsとMacのメリットとデメリットの比較をしていきましょう。

 

Windowsのメリット

 

価格が安い

Macに比べてWindowsは、パソコン本体価格が安いです。

Windowsと同じスペックのパソコンをMacで用意しようとすると1,5倍~2倍の価格になってしまいます。

アプリやソフトが豊富

Windowsのメリットとして大きいのは圧倒的なアプリケーションの多さです。

YouTubeアフィリエイトで必要な動画編集ソフトも多く存在していますし、そのほか、音声合成ソフトなど、Macには存在しないアプリを扱うことが出来ます。

拡張性が高い

Windowsは自作も出来ます。デスクトップのパソコンであれば、購入後、性能が足りないなと思ったら、メモリやグラフィックボードを足したりすることで、気軽にスペックを上げることが出来ます。

Windowsを使っている人が多い

これがなぜメリットになるのかというと、MacユーザーよりWindowsユーザーが多いので、ネットで調べれば様々な情報が多く収集ができるからです。

また、何か問題が起ったときに、Windowsを使っている人が多いので、身近な人に聞いて問題解決できる場合が多いです。

 

Macのメリット

 

高性能なソフトが標準で装備されている

Macには、無料の動画編集ソフト「iMovie」がはじめからインストールされています。動画編集ソフトだけでなく、キーノートやナンバーズなどのソフトは、マイクロソフトオフィスの代用が出来るので、とても便利です。

iPhoneユーザーと相性がいい

iPhoneを使っている場合、Macは凄く便利です。

例えば、出先で動画編集の一部をiPhoneで編集することも出来ますし、テキストを作ったファイルをエアードロップでMacに送ったり、そしてその続きをiMovieなどで編集をするなど、iPhoneとMacの組み合わせは非常に便利です。

簡単な操作性

Windowsユーザーからすると、Macは「難しそう」というイメ―ジがあるようですが、実は、Windowsに比べてシンプルで、直感的な操作が可能です。

ですので、一度Macに慣れるとWindowsにとても複雑に感じてしまうことでしょう。

Windowsもインストール出来る

どうしてもWindowsを使う場面が出てきた場合、ブートキャンプという機能を使うことによって、MacにWindowsをインストールすることが出来ます。

 

Windowsのデメリット

 

動作が少々重たい

同じスペックをMacと比較すると、Windowsの方が若干、動作が重いという傾向があります。

OSコンピューターを動作させるための基本ソフト)が有料

Windowsは、OSが有料になることが多いです。

サポート終了などで強制的に新しいOSに乗りえざる負えないときが稀におこります。

Macをインストール出来ない

MacにはWindowsをインストール出来ましたが、逆に、WindowsにMacはインストール出来ません。どうしてもAppleのアプリを使いたいという場合には不便になってしまいます。

Macのデメリット

 

価格が高い

スマートフォンがiPhoneだからMacを選ぶという人が増えていますが、スペックが同じくらいの機種を比べると、Windowsに比べてMacは価格が高いのがデメリットでしょう。WindowsならMacの半分ぐらいの価格の製品が見つかりますので。

修理費も高い

Macは、基本的に自分で修理することが出来ないので、修理費も高くなる傾向があります。ですので、AppleCare等の保証には入った方がよいでしょう。

アプリケーションが少ない

MacはWindowsに比べると、対応しているアプリが少ないです。しかし、ブートキャンプでWindowsをインストールすれば、このデメリットは解消されます。

 

動画編集向けパソコンのスペック

 

動画編集に必要なパソコンのスペックの目安です。

価格はWindowsパソコンを標準にしています。

 

資金面で余裕があれば、ハイスペック以上のパソコンを用意できると、動画編集などの作業効率も断然上がり、ストレスがかからずに作業が出来るのでおすすめです。

 

あとは、ご自身が使いたい動画編集ソフトの推奨環境を標準にパソコンを選べば問題はないかと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。是非、参考にしてみてくださね。

【YouTube】画面の右下にロゴを表示する ブランディング透かしの設定方法

こんにちは!タカベナルです。

今回は、YouTubeの機能の1つブランディング透かしの設定について解説していきますね。こちらはチャンネル登録者を増やす方法として有効ですので、是非活用していきましょう。  

 

ブランディング透かしとは!?

 

  ブランディング透かし機能とは、動画を再生すると右下などに小さな半透明のアイコンを表示させることが出来る機能のことです。

 

この小さな半透明のアイコンを視聴者がクリックすると簡単にチャンネル登録が出来るという仕組みになっています。  

 

用意する画像

 

 今回は600×600のpngファイルを用意しました。

ファイルの種類なのですがpngかgifが推奨ですが、jpegでも問題なく使用できます。 pngファイルを使うと背景を透明に出来るので、できればpngファイルを使っていくといいですね。

画像はチャンネルアイコンもしくは登録用のアイコンを作ると効果的です。  

 

設定方法

 

  1、クリエーターツールにログインしてチャンネル→ブランディングを選択します。  

 

2、画像またはロゴを選択します。

 

 

3、ファイルを選択して保存を押します。

 

 

4、表示するタイミングを選択して更新します。

 

ブランディング透かしを表示するタイミングですが、動画全体、動画の最後、位置を指定が選べます。 動画の邪魔にならなければ全体で大丈夫ですが、もし、作品に影響がある場合は動画の最後もしくは、位置を指定してロゴを表示させましょう。  

 

今回の説明は以上となります。お疲れ様でした!  

【YouTube】チャンネル登録率を上げる終了画面の作り方&フォトスケープの活用術

こんにちは!タカベナルです。

今回は、動画の最後に表示される終了画面、こちらは、チャンネル登録率や動画の誘導率を上げることが出来ますので、フォトスケープで作っていきましょう!

フォトスケープは、macでもWindowsでも、どちらでも無料で使えて高機能なソフトですので、ぜひ使い方を覚えていってくださいね!

基本的な使い方は、サムネイル作成方法の記事に載せてありますので、そちらをご覧ください。

解説動画

 

 

フォトスケープで終了画面 作成手順

 

1、最初に16:9のアスペクト比の画像に文字を入れて行きます。

 

画像に入れる文字ですが、一番はやはり「チャンネル登録」という文字ですね。次に、最後の画面ですので、「最後までご視聴いただきありがとうございました。」というメッセージを入れておくと印象がよくなるでしょう。

 

あとは、「おすすめ動画」や「最新動画」などという文字を入れておくのもよいでしょう。 これらの文字を画像に入れておきます。

 

2、次に文字をいれた画像を動画編集ソフトに取り込んで、動画にしていきます。

 

終了画面の長さですが、最大20秒となりますので、それを超えないように画像が流れる時間を設定してください。

また編集ソフトでも画像が16:9のアスペクト比に固定して編集を行ってください。

 

3、終了画面を入れた動画が出来ましたら、YouTubeにアップロードをします。

 

4、アップロードが終わりましたら、終了画面を設定して完了です。

 

詳しくは解説動画を参考にして終了画面を設定してみてください。

これで終了画面の作成と設定は以上となります。

 

終了画面はパソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末でも機能しますので、ぜひ設定をして、 おすすめ動画で動画の再生アップ 視聴者に適した動画でファン層を濃く そしてチャンネル登録への誘導 というように、現在、終了画面は最も簡単にチャンネル登録者を増やす機能になっていますし、視聴者は丸いアイコンを押すだけでチャンネル登録が出来るのでとても簡単です。

 

現在YouTubeを見ている視聴者は、スマートフォンから見る方も多いので、スマートフォンに対応しているこの「終了画面」という機能を意識していくことが大事です。

 

終了画面を使うことで、スマートフォンやタブレットからのユーザーにおすすめ動画やチャンネル登録を促すことが出来ますので、効果が高い機能とも言えます。

 

チャンネルパワーを上げる要素として重要なものになってきますので、ぜひ設定してきましょう。

 

また、終了画面は一度作れば、それをどんどん使いまわすことが出来ますので、積極的に動画へ取り入れて行きましょう。

 

設定した動画が多ければ多いほど効果が実感できますので是非、動画を作るごとに終了画面を設定していきましょう!

 

今回の説明は以上となります。お疲れ様でした!

【YouTube】フォトスケープで簡単サムネイル作り&Photoscapeの使い方

こんにちは!タカベナルです。

今回は、YouTubeの再生数アップでとても重要になってくる「サムネイル」をフォトスケープというアプリを使って、作成していきましょう!

まずは、こちらから「フォトスケープ」を無料ダウンロードして下さい。

Mac版 https://photoscape-free.softonic.jp/mac

Windows版 https://photoscape-free.softonic.jp/

 

解説動画

 

 

簡単なサムネイルの作成手順

 

今回はWindows版のフォトスケープを使ってサムネイルを作っていきます。

 

1、初めにフォトスケープを起動して、画像編集をクリックします。

 

2、次に画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

 

3、次に「トリミング」を押して「16:9」に画像を切り抜きます。

 

YouTubeのサムネイルはワイドな16:9のアスペクト比になっているので、ここで整えることで、黒い帯もつかずにキレイなサムネイルを作ることが出来ます。

 

4、次に画面左下にある「オブジェクト」を押します。

 

5、ここのオブジェクトを選ぶことによって画像に文字を入力することが出来ます。

 

文字の大きさや、色、アウトライン、〇で囲んだり、矢印で画像を指すことも出来ますので、お好みに調整してみてください。

 

サムネイルに入れる文章は、タイトルを補足する内容もしくは、視聴者を惹きつける為に疑問文や伏字などを使うと効果的ですので、意識して文章を入れてみてください。

 

細かい設定方法については、冒頭の動画で解説しておりますので、そちらを参考にしてください。

 

6、お好みでフレームを選択していきましょう。

 

フレームを使うことによって、画像を目立たせることが出来たり、ライバルと差をつけることが出来ます。サムネイルのイメージによって使い分けると効果的です。

 

7、サムネイルが完成したら、忘れずに「保存」をしましょう。

 

 

今回の説明は以上です。 サムネイル作りは、手を抜かずにやっていくことで、動画の再生数が何倍にも膨れ上がりますので、手順をしっかりと覚えて、視聴者の目を惹きつけていきましょう!

【YouTube】再生数アップが期待できるカード設定の使いこなし方法

こんにちは、タカベナルです。

YouTubeには色々な設定があって、設定が強制ではないものが多いのですが、小さい設定をきちんとやっておくこと、それが同線となってチャンネル登録率、チャンネルのパワーに地味に響いてきます。

その地味な設定の一つに「カード」という機能がありますので、今回はこちらの設定を行って、YouTubeの再生数アップを狙っていきましょう!

解説動画

 

 

再生数がアップするカードとはどんなもの!?

 

動画を再生していくと、表示時間を設定したタイミングで上記の画像のように、右側におすすめ動画が表示されるという機能のことを「カード」といいます。

 

カード機能で出来ることとは!?

 

  1. 再生数をアップさせたい動画への誘導
  2. チャンネルへの誘導
  3. 特定の再生リストへの誘導
  4. 特定のサイトへの誘導
  5. アンケート機能

 

主にこのような機能が使えますが、YouTubeアフィリエイトで主に使うものは ①の動画への誘導 ②の再生リストへの誘導 こちらの2つがメインになります。

 

動画への誘導

 

例えば、続きモノやシリーズ的な要素を持った動画の場合、カードを使うことによって、視聴者へ分かりやすく次の動画へ案内することができます。

 

また、再生数を上げたい動画を選べことで、動画のパワーを上げることを狙えます!

 

このカードへ入れる動画は、再生時間の多い動画を選んでみてください。 動画数がチャンネルに増えていけば効果を実感することが出来ますので、是非、挑戦してみてくださいね!

再生リストへの誘導

 

こちらは、チャンネル内でもジャンルを細分化したい時に、効果的です。 シリーズもののまとめの再生リストを作成することによって、視聴者にとっても便利な機能となりすので、必要に応じてカードを使ってみてくださいね。

 

終了画面と共存できるカード機能

 

チャンネル登録にとても効果的な機能『終了画面』 カード機能は終了画面と同時に動画へ挿入することが出来ます。

 

カードを上手に使いこなして、チャンネル内の滞在率を上げて、どんどんチャンネルを育てていきましょう!

 

今回の説明は以上となります。お疲れ様でした!

【YouTube】チャンネルのカスタマイズで差をつける!登録率アップに効果的!

こんにちは!タカベナルです。

 

今回はYouTubeチャンネルのブランディング、そしてYouTubeチャンネルのイメージアップ、さらにはチャンネル登録率アップも図れる、YouTubeチャンネルのカスタマイズ方法について解説していきますね!

 

チャンネル初期の状態でのマイチャンネルにしておくと、最近のアップロードしか表示されずに、過去の動画は埋もれていってしまいます。

 

しかし、チャンネルのカスタマイズをすると、ユーザービリティ(使い勝手)の向上や、動画のジャンルを再生リスト毎に分けることで、視聴者を各動画へ誘導しやすくなるので、是非、このチャンネルのカスタマイズは設定していきましょう。

 

解説動画

 

 

チャンネルカスタマイズの手順

 

1、歯車マークを押してチャンネル設定をクリックします。

 

2、次にチャンネルレイアウトのカスタマイズのチェックをONにします。

 

3、セクションを追加でチャンネルをカスタマイズしていきます。

 

 

こちらのセクションの追加では、人気にアップロードや再生リストなどを加えることが出来ます。

コンテンツを選択してセレクションに入れる要素を選んでいってください。

お勧めは「人気のアップロード」と「作成した再生リスト」を追加です。

 

「人気のアップロード」は、チャンネル内の人気動画の再生をさらに促して、動画のパワーを上げチャンネルパワーの底上げに効果があります。

 

YouTubeでは、再生回数が多く、再生時間が長い動画は、さらに再生されやすくなる傾向がありますので、是非、「人気のアップロード」を追加してみてください。

 

再生リストは、再生リストを作成すると、動画をジャンルわけすることが出来るので、視聴者にとっても、とてもわかりやすいレイアウトを作ることができるので、チャンネル登録率を上げることが出来ます。

 

特に、ごちゃまぜ系バラエティチャンネルでは、その効果がてきめんに出るでしょう。

また、特化型のチャンネルでも、ジャンルを細分化することによって、チャンネルのコンセプトを視聴者にしっかりと伝えることができます。

さらには、再生リストを作ることで、YouTube内での検索で再生リストからのアクセスも期待できます。

 

チャンネルカスタマイズでライバルと差をつける!!

 

現在、チャンネルカスタマイズをしていないチャンネルが多いので、ライバルとの差別化を図るためにも、しっかりとチャンネルカスタマイズを行っていきましょう。

 

前回、ご紹介しましたチャンネルアイコン、チャンネルアート、そして今回のチャンネルカスタマイズをしっかり設定しておくことで、チャンネルのブランディングの効果を最大限に上げていき、視聴者によい印象を与えるチャンネルにしていきましょう!

 

今回の説明は以上となります。お疲れ様でした!

【YouTubeアフィリエイト】動画のアップロード方法と使える動画のファイル

こんにちは!高部ナルです。

さて、前回までで、YouTubeチャンネルの準備の設定を色々と進めてきましたが、今回はいよいよ動画のアップロード方法と注意点について説明していきますね。 それでは早速進めていきましょう!

 

解説動画

 

 

YouTubeチャンネルのアップロード方法

 

実際に動画をアップする前に、扱える動画の種類というものがありますので説明していきますね。

ファイルの種類

 

ファイル形式→MP4推奨

mov・flv・avi・wmv・・・など他の動画用の拡張子もあるのですが、MP4に比べるとアップロードも遅くエラーになることもあるので、動画編集後の書き出しはMP4を選択するようにしましょう。

 

YouTubeにUPリードロード出来る解像度(画質)

 

解像度とは画質の事で、解像度の数値が大きければ大きいほど映像はキレイになります。

2160P:3840×2160

1440P:2560×1440

1080P:1920×1080

720P:1280×720

480P:854×720

360P:640×360

240P:426×240

基本的にHD画質(1080P、720P)がおススメです。

現在はHD画質が主流ですので、それ以下がどうしても劣って見えてしまうので、動画の書き出しの際は720P以上で書き出すようにしましょう。

 

YouTube動画のアスペクト比

 

アスペクト比とは、画面の大きさの比率の事を言います。

従来のテレビは4:3の比率で四角形に近い映像でしたが、現在はワイド画面が主流になっているので16:9の横長の映像がメインです。

YouTubeの方も16:9のアスペクト比になっているので、動画を作る際には16:9の映像を作ることをお勧めしています。

 

もちろん、比率の違う映像もアップロードが出来るのですが、黒い帯が出てしまうので、こだわりがないのであれば、映像をトリミング(画面の不要な部分を取り除くこと)するか、間を埋めると品質の良い映像が作ることが出来ます。

 

比率の調整等は、編集ソフトによって異なってくるのですが、大抵の動画編集ソフトは、編集が出来ますので調整してみてください。

 

動画のアップロード方法

 

では次にYouTubeへ動画をアップロードしていきましょう!

 

1、YouTubeにログインして、画面右上のビデオマークをクリックします。

 

2、すると、「動画をアップロード」と出てきますのでそちらをクリックします。

 

3、アップロードする動画をドラッグ&ドロップまたは、ファイルを選択します。

 

3、アップロードが開始されたらその間に各種設定をしていきます。

 

アップロードには時間がかかるので、その間に「公開設定・タイトル・説明欄・タグ」などを入れていきます。

各種設定方法は、解説動画をご覧ください。

もちろん、後から設定を行っても大丈夫ですが、時間を効率的に使うためにも、アップロード中にやることをお勧めします。

 

4、アップロードが完成したら、公開ボタンを押して完了です。

今回の説明は以上です。お疲れ様でした!

この作業は今後繰り返し行っていきますのでしっかり覚えておきましょう。

【YouTubeアフィリエイト】チャンネルアイコン&チャンネルアート設定方法

こんにちは!タカベナルです。

今回は、視聴者の皆さんにチャンネルを良く見せる為にとても重要なチャンネルアイコンとチャンネルアートというものを設定していきましょう。

こちらを設定することによって、チャンネルのイメージアップやチャンネル登録率アップを図ることことが出来ますので、是非取り入れてください。

解説動画

 

 

チャンネルアイコン設定方法

 

1、まずYouTubeにログインして「マイチャンネル」に行きましょう。

2、左上にあるチャンネルアイコンをクリックします。

3、チャンネルアイコンの編集へ進みます。

4、アイコンにしたい画像をアップロードします。

5、お好みの大きさに画像を切り取ります。

6、これでチャンネルアイコンの完成です。

YouTubeチャンネルへの反映は数時間~1日程度の時間がかかりますが、こちらは気長に待ちましょう。Googleのページの画像に変わっていれば設定は問題なく完了しています。

チャネルアートの設定方法

 

では続いて、チャンネルアートを設定していきましょう!

チャンネルアートの作り方については、またこちらのブログで説明していきますので、今回はあらかじめ用意して画像で設定を行っていきましょう。

 

1、マイチャンネルの「チャンネルアートを追加」をクリックします。

2、チャンネルアートに使う画像をドラッグ&ドロップします。

この時に使う画像なのですが、 2560×1440 最大4Mの画像ファイルを用意してください。 小さいファイルですと選択できないので注意しましょう。

3、画像の位置、切り抜きを調節して行きます。

PC、テレビ、スマートフォンによって表示される位置が違ってくるので、お好みに応じて調節をしていってください。

 

外側がテレビの表示領域で内側の枠がPCでの表示範囲になりますので、マウスカーソルでドラッグすることで範囲を調節することが出来ます。

 

範囲が決まりましたら選択を押して設定は完了になります。

チャンネルアートに関してはすぐに反映されますので、チャンネルを確認してに行ってみましょう。

 

チャンネルアートは、チャンネルのイメージにあったものを使うと効果的です。

自分のチャンネルへ入ってきた人が、まず最初に目にするところでもありますし、YouTubeチャンネルをブランディングする上でも重要な要素となってきますので、コンセプトに応じてカスタマイズをしていきましょう!