月別アーカイブ: 2018年12月

【YouTubeアフィリエイト】稼げる人気鉄板ジャンルは存在するのか?

こんにちは!タカベナルです。

今回は、YouTubeアフィリエイトには稼げる人気鉄板ジャンルというのは存在するのかどうか、稼ぎやすいジャンルというのはあるのか?について解説していきたいと思います。

 

解説動画

 

 

 

YouTubeで稼げるジャンルはどうやって見つけるのか?

 

YouTube上で需要があって稼げる可能性のあるジャンルを見つけるには、なんといっても YouTubeを見るのが一番です!

 

何故なら、YouTubeというのは自分以外のチャンネルでも再生数が分かりますし、再生時間やチャンネル登録数も見れるからなんです。

 

ですから、単純に再生数、再生時間、登録人数が多いチャンネルが稼げるジャンルとなるわけですね。

 

でも・・すでにみんながやっているジャンルをやって意味があるの?

 

そんな風に思われるかもしれませんが、これはYouTubeだからこそ、レッドオーシャン (ライバルが多くて競争の激しい既存市場)を狙うのです!

 

何故ならYouTubeでは関連動画という機能があるからです。 関連動画とは動画が再生さると右隣りに同じような動画が載る機能の事です。

 

このようにライバルチャンネルと同じようなジャンルの動画を作ることによって、強いチャンネルの関連動画に自分の動画を載せることが出来るのです!

 

ですから、YouTubeで稼ぐには人気チャンネルの動画を真似して作って投稿することが一番早く稼ぐことが出来るのです。

 

それでは、YouTubeアフィリエイトでの鉄板ジャンルをピックアップしていきますので、チャンネル作りの参考にしてみてください。

 

稼げるジャンル①オタク系

 

オタク系の代表的な例は、アニメ、ゲーム、乗り物などです。

マニアックで奥が深いジャンル全般の事です。

コアなファンが多い分野ですので、需要も高くチャンネルも人気になりやすいです。

 

自分の好きな分野を一回YouTubeで検索してみるといいですね。

オタク心、マニア心をくすぐる動画作りを目指してみてください。

 

稼げるジャンル②感情系

 

感情系とは、ある特定の感情に注目したチャンネルの事をいいます。

 

感動 ・驚き ・恐怖 ・怒り など様々な感情のジャンルというのが存在します。

 

このジャンルは感情といった人間の心理に関係する内容ですので、トレンドに左右されることがなく、安定して再生されやすいので、資産として長期稼げる動画も多く作れるのでおすすめです。

 

稼げるジャンル③芸能系

 

芸能ニュース特定のタレントなどにフォーカスしたジャンルのことを言います。

 

こちらのジャンルのメリットとしては、旬のネタがいつでもありますから、話題になっているネタを取り上げればトレンド要素が狙います。

 

そこから大きなチャンネルに育つ可能性が高いです。 YouTubeの検索窓でいろんな芸能人の名前を入れて検索してみましょう。きっとヒントになるチャンネルがどんどん出てくると思います。

 

稼げるジャンルは実は無数にある

 

今回、ご紹介したジャンル以外にも稼げるジャンルというのは無数に存在します。

 

それを見つけ出すには、自分が興味がある分野だったり、ニュースやテレビ、本や雑誌などから気になった、思いついたキーワードをどんどん検索することです!

 

ネタやジャンルというものは、YouTube内だけでなく私生活にも転がっていますので、常にアンテナを張ってビジネスに取り組んでみてくださいね。

 

そして実際にYouTubeに動画をアップローロードして答え合わせをしていってください。 答えは必ず見つかりますので継続して動画を投稿していきましょう!

 

また、詳しいリサーチ方法につきましても、またご紹介いたしますので そちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

【YouTubeアフィリエイト】どんな種類の動画が稼げるのか?

こんにちは!タカベナルです。

YouTubeで稼いでみたい!と思っていざ始めようとしても一体、どんな動画を投稿していけばいいの?と初めは悩んでしまいますよね・・

そこで今回は、YouTubeアフィリエイトで使われる動画の種類について解説していきますね!

それでは早速内容に入っていきましょう!

解説動画

 

 

 

YouTubeで稼げる動画とは?

代表的な種類をお伝えしますと、

・テキスト系動画
・スライド画像系
・ナレーション系
・撮影系

大きく分けてこのような種類があります。

では、順番に詳しく解説していきますね!

テキスト系動画

 

テキスト動画とは、「テキスト」という名前から分かるように、画像や映像の上に文字が流れていく構成になっている動画を

「テキスト動画」と言います。

顔出しもしないですし、初心者が初めにとりかかるにはベストな動画の種類になります。それでは、テキスト動画のメリット・デメリットについてみて行きましょう。

テキスト系動画のメリット

動画作成が簡単に作る事ができる

YouTubeで稼いでいくには、当然、動画が作れるようにならなければいけません。しかし、初心者ですと、「難しい」といった先入観があると思いますが、このテキスト動画ですと、慣れてしまえば30分もあれば作れてしまいます。

最初はネタを集めたり、タイトルを考えたりといったところにも時間がかかりますので、まずは行程に慣れるためにも、テキスト動画の作成がおすすめですね。

・動画を量産することが可能=ヒット率も上がる

やはりチャンネルに動画が沢山入っているの方がヒットする確率が高くなります。ですので、簡単にできるテキスト動画で数多くの動画を作ることによって、ヒットする確率を増やすことができるのです。経験を積むためにもどんどん動画を作っていきましょう。

・外注化がしやすい

テキスト動画は作業工程がシンプルなので、外注さんを雇うことが簡単です。

ネットビジネスの最終的な目的は、自分が作業をしなくても自動で収益を発生させるということですよね!外注さんを雇おうということは、自分が作業をしなくても動画を増やすことが出来るということです。

・想像以上に稼げる

これは本当に驚いたことなのですが、「こんな簡単な動画で?」と思うようなテキスト動画なんですが、これが意外と稼いでしまうのです^^

ある程度の期間、きちんと動画投稿を続けていると、こんな簡単な作業なのに信じられない収益が発生しだします。

ですから、テキスト動画を侮ってはいけません。しっかりと作業をすれば資産となり10万円以上の思わぬ高収益が期待できます。

テキスト動画のデメリット

・再生維持率が低い傾向にある

実際に撮影したような動く映像が無い分、再生維持率は多少低くなる傾向にありますが、それでもテキスト(文章)だけで面白い!と思えるようなネタを中心に動画を作ることを意識すれば、高い維持率をたたき出すことも可能です。

・大量のネタを集める必要がある

YouTubeで稼ぐには、チャンネルにある程度の動画数が必要ですが、テキスト動画の場合ですと、基本は量産スタイルなので、多くのネタが必要になってきます。しかし、ネット上には無数にネタが転がっているために、滅多にネタ切れに追い込まれるということはないでしょう。

・多くの動画を入れないとなかなかチャンネルが伸びない

チャンネルに多くの動画を入れないと、動画の再生数というのはやはり伸びにくいです。ですが、そこがテキスト動画の強みでもある、比較的簡単に動画を作る事が出来るので、100本、200本という数はすぐに作れてしまいますので、コツコツ作っていきましょう。

テキスト系の動画は、YouTubeアフィリエイトの基本となりますので、ぜひ習得していきましょう!

私自身のチャンネルももちろん、テキスト動画ですが、100万円以上稼いでいますので、なかなか侮れないです。編集も簡単ですので、初心者にもっともおすすめの編集方法です。

スライド画像系

スライド系動画とは、基本、静止してある画像を複数枚使って、スライドショーで流していくという動画です。面白い画像を用意して動画を作っていきます。

スライド画像系のメリット

・手軽に編集が出来る

画像を並べていくだけですので、特に難しい編集をする必要がないので、簡単に動画を作ることが出来ます。

・簡単に量産が出来る

作業工程が少ないので動画も量産しやすいというのが特徴です。

・再生数が上がりやすい

画像は意外にも人を惹きつける力が強く、テレビなどでも面白い瞬間や衝撃的な場面が人気がありますので、そのような画像を扱ったスライド動画というのは再生数がかなり伸びます。

・意外に稼げてしまう

スライド系動画は、ヒットするとかなり瞬発力があります。コツを掴めばヒット動画をどんどん量産できますので是非挑戦してみてくださいね。

ナレーション系

ナレーション系とは、動画に音声を吹き込むタイプの動画です。

・ラジオ動画や朗読動画
・声+テキスト動画

ナレーション系のメリット

・声にファンがつくこともあり、登録率が高めです。

チャンネルにマッチした声ですと、声自体にファンがつき、内容を無視しても人気になる場合があります。特に若い女性の声は、ファン要素が高いですね!

・視聴維持率が高め

動画に音声が入っているので、ラジオのようにかけ流して聞く視聴者も多くいるため、視聴維持率が高くなります。

・チャンネルの成長スピードが速い

視聴維持率が高いということは、YouTubeでの評価が高くなりますので、必然とチャンネルの成長が早くなるというメリットがあります。

ナレーション系のデメリット

・録音環境が必要

録音する時に環境音やノイズを拾ってしまうと台無しになってしまうので、スタジオや自宅で録画できる環境が必要になってしまいます。

・編集の手間が増えてしまう

編集ソフトに音声をいれて、声のタイミングで画像や文字を切り替える必要があるので、編集行程が増えてしまうので、手間がかかります。

・外注さんに頼むと時間と費用がかかる

自分で声を吹き込まない場合は、外注さんを雇って声を入れてもらうという方法があります。しかし、費用がかかりますし、納品まで時間がかかる事が多いです。

・声が受け入れられない時もある

声の質が受け入れられないと、いくら動画を入れてもヒットしません。こればかりはチャンネルに入れてみないと分からない部分もあるのですが、人気チャンネルのナレーターさんは、どういった声の質の傾向があるのか?自分のチャンネルの視聴者層にあった声の質はどんな感じなのか?その傾向をつかんで、使える声かどうかを見定めることが必要です。

ナレーション系は強力なので、自分が喋れる人は挑戦し、動画に費用が掛けられるという人は是非、動画にナレーションを入れてみてくださいね。

撮影系

こちらは、動画作りのスタンダードな手法ですね。文字どうり、ビデオカメラで撮影して動画を作るという手法です。

YouTubeといえば、多くの人が撮影系ユーチューバーを思い浮かべると思います。

ヒカキンさんなどの顔出し動画はもちろん撮影系ですが、実は、他にも撮影系で人気の動画というものがあるんです!

撮影系の種類

・商品紹介系
・ペット系
・おもちゃ系
・ゲーム実況
・占い系(タロットカードなど)
・モノつくり系(DIYなど)
・そして顔出し出演系

主にこのような種類が稼げる撮影系ジャンルです。
顔出しをしなくても十分人気チャンネルを作ることは可能です。
特技がある人などが活躍できるジャンルといってもいいでしょう。

撮影系のメリット

・チャンネル登録者がつきやすい

需要のあるジャンルの動画を投稿していけば、撮影系の場合、チャンネル登録者が多くつきます。

・1動画あたりの稼ぎが大きい

ファンがつくと長い動画でも最後までしっかりと視聴してもらえるので、広告が表示されクリックしてもらえる確率というのがとても高くなり、1動画での稼ぎは高い傾向です。

・ペナルティを受ける可能性は低い

完全にオリジナルでつくることができるので、著作権違反を受けるこはまずありません。そして、背景が画像ではなく、やはり動きのある動画なので、価値のある動画をつくれば、再生維持率はトップクラスです。登録率も高い水準を誇るのもとても魅力ですね!

撮影系のデメリット

・撮影に時間がかかる
・編集に時間がかかる
・カメラなどの機材が多く必要になる
・商品を買ったり、取材費用がかかったりとお金がかかる
・動画を毎日あげることが難しい

撮影系ですと、やはり動画を上げるまでに、時間がかかってしまいます。YouTubeアフィリエイトを副業でやる人も多いですので、作業時間が限られていますので、毎日投稿するには難易度が高く、動画数を増やすのに年単位で時間がかかります。時間があって行動出来る人におススメできるジャンルとも言えます。

初心者が取り組むげきジャンルはどれか?

まずは、資金がかからないテキスト系ジャンルで月数万~10万円を目指してみましょう。そして、資金や時間に余裕が出来てきたら、他のジャンルに挑戦してみるのもいいですね!

たとえば、得た収益で、ナレーションさんを雇って、動画に音声をいれてみたり、時間が出来たら、じっくり撮影系にチャレンジしてみたりと、ステップアップしていくのがいいでしょう。

初めから高度なチャンネルを作るというは、非効率的ですので、徐々にステップアップして動画を作って行きましょう!